低用量ピルで様々な恩恵を

低用量ピルは文字通り避妊をする為の薬ではありますが、他にも意外と知られていない効果があるのをご存じですか?低用量ピル服用で様々な恩恵を受けることが出来ますので、当サイトを一度ご覧ください。

東川口で初めて低用量ピルを買う

低用量ピルは、婦人科で処方してもらいますが、取り扱っていない場合もありますので、事前に問い合わせることをおすすめします。東川口で初めて低用量ピルを買う場合も同様で、まず婦人科を探したら、低用量ピルを処方しているかどうかと診断の内容について問い合わせるとよいでしょう。
問診と血圧測定のみで処方してもらえる場合や、血液検査や内診を行う場合など、クリニックによって診断の内容はまちまちです。あらかじめ確認しておけば、安心して受診できます。
低用量ピルは、健康な女性が継続して服用することが前提なので、安全性について厳しくチェックされている薬剤です。長期間服用しても、健康には問題がなく、服用をやめれば正常に妊娠できます。服用中は排卵が止まるので卵巣を休めることができ、不妊治療の排卵コントロールに使われることもあるほどです。安全な薬であっても、体質や病歴によっては副作用が起こることがあります。
低用量ピルの副作用として注意したいのが血栓症です。血栓症は、血液が固まりになって血管をふさぎ、そこから先に血液が流れにくくしたり、血流を止めてしまい、壊死や炎症を起こす病気です。低用量ピルの副作用としては、まれにしか起こりませんが、場合によっては命に関わることもあります。
事前の問診や検査の結果、リスクが高い人は処方されませんので、処方された場合には安心して飲み始めてください。ただし、定期的に血圧測定や検診を受けるなどして、健康状態をチェックしておくように心がけましょう。
この他の副作用としては、吐き気や不正出血などが起こる場合がありますが、ホルモン状態の変化に身体が慣れると、不快な症状もなくなりますので、しばらく服用を続けて様子を見てください。