低用量ピルで様々な恩恵を

低用量ピルは文字通り避妊をする為の薬ではありますが、他にも意外と知られていない効果があるのをご存じですか?低用量ピル服用で様々な恩恵を受けることが出来ますので、当サイトを一度ご覧ください。

モーニングアフターピルや低用量ピルは水で飲む

モーニングアフターピルや低用量ピルは水で飲まなければならないのでしょうか。実は、厳密には水で飲まなくても大丈夫なのです。「薬を水で飲むのが苦手」という場合には、水なしで飲んでも問題ないと言われています。また、水以外のもので飲んでも問題がないと言われていますが、ジュース類と飲む場合には注意が必要となります。モーニングアフターピルや低用量ピルには女性ホルモンが配合されています。その働きによって排卵を抑制して避妊を行ったり、ホルモンバランスの乱れを正すことによって生理痛や経血が多すぎるなどの問題に対処しているのです。しかし、モーニングアフターピルや低用量ピルをグレープフルーツジュースと一緒に摂取すると、ピルの効果が強く出てしまう危険性があります。効果が強く出るということは、副作用が出やすくなるということです。ピル服用時の副作用としては、嘔吐や嘔吐間、頭痛やむくみ、胃痛や胸のはりなどが挙げられます。もし嘔吐してしまった場合にはピルも一緒に嘔吐してしまったことになりますので、せっかく服用しても意味がなくなってしまいます。また、セントジョーンズワートやチェストベリーの配合されているサプリメントやハーブティと一緒に服用すると、ピルの効果が低下してしまう可能性も指摘されています。そのため、これらと一緒にピルを服用するのはやめておきましょう。また、ピルを服用してすぐにグレープフルーツジュースやサプリメントを飲んでも、一緒に服用したのと変わりません。副作用を抑えるためとピルの効果を最大限に作用させるために、ピルを服用しているときにはこれらと一緒に服用するのはやめておきましょう。
やはり、ピルを服用するときには、水で飲むのが一番安全なのです。